05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

リンゴのテーマ♪ 

460ee7c291a6fada7675e6058886365a.jpg

映画“A Hard Day's Night”より

リンゴのシーンは、セリフも少なく、大昔の無声映画のようで
英語が解らなくても理解できるところがいいです。

1964年4月22日、“Lancaster Road”で撮影されました。

ポールの爺さんに、そそのかされ脱走したリンゴは、“Lancaster Road”を
カメラで、牛乳瓶が入った籠等を撮り歩きます。

mdaphp.png

女の子二人に、すれ違いざまに気づかれて映画のオープニングの
ごとく追いかけられます。
(この時の女の子の顔がとても演技とは思えない。)

mdaphp23.png

角のリサイクルショップでコートと帽子を購入して
変装し、女性の前に立つと“Get out of it, Shorty.”と言われます。

【英語の勉強】(テキトウ直訳です。)

たぶんPaul:Split up and look for him.
「分かれて彼を探そうぜ。」

John:We've become a limited company.
「俺達、有限会社になったな。」(?)
(リンゴがいた時は株式会社の意か。)

George:I'll look in here again.
「俺は、もっかいこの辺りをさがすっぺよ。」

Ringo:Hello, there.
「よっ、こんにちは。」

女性:Get out of it, Shorty.
「あっちに行きな、チビ。」

警官:You should have more sense than
to go round chucking bricks about!
「おい、レンガを掴んで回すような、バカなまねは止めたほうがいいぞ。」(?)
(むつかしい・・・。)

Ringo:Southerner!
「南部者が!」
(大阪人が、この東京者が!と同じ意かな・・・。)



category: ア・ハード・デイズ・ナイト

Posted on 2018/04/30 Mon. 11:44  edit  |  tb: 0   cm: 0  

イフ・アイ・フェル♪ 

abe2a47f46f391168367560b2f2ca456.jpg

1964年3月24日(?)、トゥイッケナム・フィルム・スタジオから
スカラ・シアターに場所を移し、テレビスタジオ設定で“If I Fell”
演奏風景が撮影されました。

画像は、休憩するジョン。
ネックの弦に煙草を刺していますね。

12-lens-beatles-slide-T2ZW-superJumbo.jpg

いつ見ても笑えますが、1:46頃、ジョージがギターアンプに
寄っかかり「ガタッ」と倒しますが、おかまいなしにOKテイクです・・・。
(アンプを設置するところからアップで撮影しているのでワザとのような
気もしますが・・・。)

口パク演奏ですが、ラストにポールのベースは生演奏のようで
どうにも不思議な映像です・・・。

ハモリが最高の何ともいえない名曲ですな。

category: ア・ハード・デイズ・ナイト

Posted on 2018/04/15 Sun. 16:37  edit  |  tb: 0   cm: 4  

きつい1日の夜♪ 

089e857570fd8f0fc856d52cd7afc66f2.jpg

1964年4月5日、ロンドン、メリルボーン駅で
映画“A Hard Day's Night”のオープニング・シーンの
撮影が行われました。

画像は、駅で満面の笑みのジョン・・・。

ジョージも同じアングルでの写真がありますが、
ポールとリンゴの写真は見たことがありません。(私は)
撮影されてないのかな・・・。

4月16日、EMI第2スタジオで映画主題歌がレコーディングされました。
午後7時~10時まで、テイク9で完成させとります。

間奏のないバージョン・・・。

category: ア・ハード・デイズ・ナイト

Posted on 2017/06/11 Sun. 16:42  edit  |  tb: 0   cm: 4  

AHDN 列車シーン♪ 

tumblr_nlz9zoqe5w1s1z4zfo1_1280.png

1964年に映画“A Hard Day's Night”が公開されて、
動いて、喋って、歌うビートルズを初めて見ることになりましたね。

冒頭に、主題歌“A Hard Day's Night”が流れ衝撃的に映画
は始まり、ファンに追いかけられ列車に飛び乗ります。

そして、客車のシーン。

ジョンの台詞から始まります。
(映画の字幕を参考にさせていただいてますが、私のテキトウ訳あり)

John:Pardon me for asking, but who's that little old man?
ねぇ、ちょっと聞くけど、そのお爺ちゃん誰?

Paul:What little old man?
え、どのお爺ちゃん?

John:That little old man.
そのお爺ちゃんさ。

Paul:Oh, that one. That's my grandfather.
あぁ、これ、僕のお爺ちゃん。

George:Your grandfather?
お前のお爺ちゃん?

George:That's not your grandfather.
お前のお爺ちゃんじゃないじゃんか。

Paul:It is, you know.
どうしてさ。

George:But I've seen your grandfather. He lives in your house.
お前のお爺ちゃんなら、お前ん家でしばらく前に会ったもん。

Paul:That's my other grandfather, but he's my grandfather as well.
あぁ、あれも僕のお爺ちゃんだけど、これも僕のお爺ちゃんというわけ。

John:How do you reckon that one out?
どうしてそうなるの?

Paul:Everyone's entitled to two, aren't they? And that's my other one.
お爺ちゃんというものは、誰にでも2人ずつあることになってるの。

John:We know all that, but what's he doing here?
でも、なんだってこんなところにいるんだい?

Paul:Mother thought the trip'd do him good.
ママが、気晴らしに連れて行ってやれって。

Ringo:How's that?
気晴らし?

Paul:He's nursing a broken heart.
失恋して悩んでるからさ。

John:Poor old thing.
あぁあ、可哀想に。

John:Are you nursing a broken heart?
ねえ、お爺ちゃん、失恋したの?

John:He's a nice old man, isn't he?
可愛いじゃん、この人。

Paul:He's very clean.
とても上品なんだ。

John:Hello, Grandfather.
こんにちは、お爺ちゃん。

Grandfather:Hello.
こんにちは。

John:He can talk then, can he?
あ、喋ったよ、この人。

Paul:Of course.
あたりまえさ。

Paul:He's a human being, isn't he?
お爺ちゃんだって人間だもの

Ringo:If he's your grandfather, who knows?
お前のお爺ちゃんじゃどうだかね、ハハハ。

John:And we're looking after him, are we?
みんなでお守りしてやんなきゃな。

Grandfather:I'll look after meself.
自分で出来る。

Paul:Yeah, that's what I'm afraid of.
あぁ、そこが心配なんだよ。

John:He's got you worried, then?
心配って?

Paul:Him? He's a villain, a real mixer.
しちゃかめっちゃかにするのさ。

Paul:And he'll cost you a fortune in breach of promise cases.
見張ってないと、僕達まで損害賠償させられちまうぞ。

George:Get on.
やるっきゃないっしょ。

Paul:No, straight up.
本当だぜ。

映像は、アッという間ですが文字にすると長いです。

ジョージが、リバプール訛りが酷いというのが定説ですが、
こうして台詞と映像を比べてみると、ジョンも訛りが凄いように思います。

聞き取れない!

やはり、ポールは聞き取り易いから標準語なんでしょうね。

同じ田舎で、家も近いのにどうして・・・。

category: ア・ハード・デイズ・ナイト

Posted on 2017/05/16 Tue. 20:51  edit  |  tb: 0   cm: 4  

キャント・バイ・ミー・ラブ♪ 

the-beatles-on-stage-at-the-nme-pop-festival-circa-1964-b3nkm4.jpg

1964年4月26日、“ポールウィナーズ・オールスター・コンサート”に
メインで出場し、5曲を演奏しました。
映画“ア・ハード・デイズ・ナイト”を2日前に撮り終えたばかり。
“Can't Buy Me Love”は、最後に演奏されました。

この少し前にテレビ番組“アラウンド・ザ・ビートルズ”で
演奏した時は、ジョンが大きな口を空けて歌っておりましたが
今回は控え目でマイクで歌っておりませんね。

ライブではハモレば面白かったのになぁ・・・。

“Can't Buy Me Love”カラーバージョン。

category: ア・ハード・デイズ・ナイト

Posted on 2016/12/18 Sun. 18:02  edit  |  tb: 0   cm: 2