09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

アイム・ソー・タイアード♪ 

dc95c0b29ed405f298754592acb99595.jpg

1968年5月31日、EMI第3スタジオで、“Revolution”の
ラフ・モノミックスが作られ、セッションの終わるころには
前衛的なジャムセッションと化しました。

この日初めてヨーコさんは、ビートルズのセッションに参加
したんですね。
これが、“Revolution9”の原型となったようです。

前回の、ジョンが歌うポールの歌に対して、
今回は、ポールが歌うジョンの歌。

ポールがジョンの歌を歌うとなんか不思議な感覚がします。
やはり、ジョンの歌は真似できない特殊なものがあるのかな・・・。

“I'm So Tired”。

ジョン、我慢できずにサビで叫んでます・・・。

category: ザ・ビートルズ

Posted on 2016/08/05 Fri. 20:04  edit  |  tb: 0   cm: 2  

グッド・ナイト♪ 

untitled1028.png

1968年6月28日、アビーロード第2スタジオで
“Good Night”のレコーディングセッションが始まりました。

ジョンが息子“ジュリアン”のために書いた曲ですね。

画像は、この日ジョンがストリングスに説明しているところ・・・らしい。
リンゴもいるはずだが姿見えず・・・。

初期テイクで、ジョンのギターとリンゴのボーカルだけのテイクが
あるらしいけれど聞いたことはありません。
(あれば是非聞いてみたい。ジョンのガイドボーカルも。)

“イマジン”が発表された時にジョンは、「やっと、ポールのイエスタデイに並ぶ曲が出来た。」
と言っていたけれど、この“Good Night”も同様に名曲(万人受けするとすれば)だと
思いますね。

映像はジョンボーカルのデモバージョン。
本物かどうかは判りません・・・。

1.しかし、最初のコメントはジョン。
2.イントロのギターはジョンそのもの。
3.ベースは走りがポールっぽい。
4.コーラスがビートルズっぽい。

1.どうやらビートルズの楽器演奏バージョンは無いようだ。

ということで、4対1でビートルズじゃないかということで・・・。

category: ザ・ビートルズ

Posted on 2015/01/05 Mon. 20:26  edit  |  tb: 0   cm: 6  

サボイ・トラッフル♪ 

untitled096.png

ビートルズ・トリュビュートバンド「Fab Faux」のコンサートに
飛入りサプライズで、ダニー・ハリスンが歌を披露しました。

サタデイ・ナイトと書かれてますので、9月20日の
“パフォーミング・アーツ・センター”で行なわれたライブのようです。

untitled095.png

親父と同じくJ-160Eを使用しての“サボイ・トラッフル”。
また選曲がいいですねぇ。私、好きです。

ホワイト・アルバムは、全曲いいのでどれを選んで
演奏してもう嬉しい限りです。

出来はこれまでのダニーの演奏曲ではピカ一だと思います。

親父の曲を引っ提げてツアーをする日も遠くないか・・・。

category: ザ・ビートルズ

Posted on 2014/09/24 Wed. 22:37  edit  |  tb: 0   cm: 2  

ヤー・ブルース♪ 

add9b7f6d44ae26.jpg

映像は、1968年12月10、11日に収録されたローリング・ストーンズ
のテレビ番組、「ロックン・ロール・サーカス」から、ダーティ・マックによる
“ヤー・ブルース”です。

いいですねぇ~。最高ですよ。

1968年11月にリリースされたばかりの新曲を披露した訳ですね。
9月にホワイル・マイ・ギターのレコーディングに参加した
クラプトンが腕を見込まれたのかギターで参加、
キースもベースで参加して名演を聞かせてくれております。

ジョンも観客を前にしてのライブは66年以来ではなかろうか・・・。

これを観たライブをやりたいポールは翌月から始まる
“ゲット・バック・セッション”を思いついたのではなかろうか・・・。

ミックが、ジョンを「ウィンストン」と言っていますね。

category: ザ・ビートルズ

Posted on 2014/09/20 Sat. 21:26  edit  |  tb: 0   cm: 4  

ディア・プルーデンス♪ 

4663577258_3be76b8a06_z.jpg

アルバム“ザ・ビートルズ”用に撮影されたポートレートの別カット
写真ですね。ジョージとポールが少し微笑しております。
アナログ盤におまけで付いていたカラーのポートレートには
いゃ~ぁ、感激したもんです・・・。

ご存知、インドで書かれた曲ですね。インドではこのようなアーコスティックな
曲が多く書かれました。歌詞も詩的で好きです。

“aalvarortega”さんの出来たての映像がありました。
この方の作品は大好きです。

全編ビートルズ満載で楽しい、幸せ・・・。
歌も演奏も上手だけど誰がカバーしてるんだろう。

category: ザ・ビートルズ

Posted on 2013/08/29 Thu. 20:25  edit  |  tb: 0   cm: 0