05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ユー・キャント・ドゥ・ザット♪ 

116.jpg

“ゲット・バック・セッション”の画像を探してますが
なかなかありませんです。
見たこともない画像を公開してほしいものです。

上の画像は、アップル・スタジオでのセッション風景。
(1969年1月26日と推察します。)
ジョンが6弦ベースを弾いてます。

右側にいるのは“ヘザー・マッカートニー”ですね。
ジョンとなにやら話してます。
映画“Let It Be”でも可愛い姿を見せてくれてました。

そんな“ゲット・バック・セッション”の映像です。

セッションではいろいろな曲を演奏していますが
“ユー・キャント・ドゥ・ザット”を演奏しているのは
1969年1月3日(トゥイッケナム・フィルム・スタジオ)と記録されております。

ジョージ、ポール、ジョンの楽しそうな声が聞こえます・・・。

category: レット・イット・ビー

Posted on 2015/09/03 Thu. 18:25  edit  |  tb: 0   cm: 4  

コメント

ちょっとおふざけが

楽しそうなセッションですが、ちょっとおふざけが過ぎるというか、
「ヘルプ」ほど雑ではないですが、かなり悪ノリした演奏ですね。

でも、あの寒々とした映画とはぜんぜん違う、和気あいあいさで、
別の映像の合成でしょうが、みんな笑っているのが救われます。

それにしても、カバー曲以外にも、過去の曲を演奏していたとは、
映画どころか、自分の持っている海賊盤にも、収録されてなくて、
ますます、ゲットバック・セッションの全貌を公開してほしいです。

あと、昔のライブ発掘音声などは、無理やり違う映像を重ねるより、
当時の写真のスライドショーのほうが、まぎらわしくないと思うし、
逆に、そこで使っている映像の、本来の音声のほうが聴きたいです。

P.S. 「ユー・キャント・ドゥ・ザット」、ただいま練習中です。

ギターマジシャン #- | URL
2015/09/03 20:26 * edit *

こんばんは。
よしもとの芸人、シルク姉さんの羨ましいお話。
その概要は次のようなものだ。シルクは学生時代にイギリスに留学していたが、留学中、友人(元相方のミヤコ)とライブハウスに行った時に、カツアゲを恐れてポンド紙幣を靴の底に入れていた。ところが盛り上がって汗まみれとなり紙幣が破れてしまい帰りのタクシー代を失ってしまう。2人で寮まで歩いて帰っていたところ途中で目の前に車が横付けされて中からポール・マッカートニーが現れた。友人が「あなたをずっと待っていました」と咄嗟に話したところ、ポールからレコーディングスタジオに連れて行ってもらえた。そこで楽曲「Jet(ジェット)」のレコーディングを見ることが出来た、というものである。

ただの羨ましいお話でした。 今日のお題とは関係がなくすみません。m(_ _)m


  とらにゃん

とらにゃん #- | URL
2015/09/03 23:09 * edit *

Re: ちょっとおふざけが

ギターマジシャンさん こんばんは。

昔のライブ・ツアーの曲をセッションすると楽しかった
頃を思い出し、笑みがこぼれるんでしょうか。

後期に前期の曲を演奏するとなんだかギャップを
感じて面白いです。

ゲットバック・セッションを時系列で美しい
映像で見たいものです。

マサジョン #- | URL
2015/09/04 20:15 * edit *

Re: タイトルなし

とらにゃんさん こんばんは。

とてもラッキーな話で羨ましいですね。
ポンド紙幣を靴の底にいれてなかったら。
友人がポールに話しかけてなかったら。
いろいろな幸運が重なっているのですね。

マサジョン #- | URL
2015/09/04 20:18 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://masajohn.blog119.fc2.com/tb.php/1028-6996b5fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)