05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

軽井沢探索その4♪ 

P1050042.jpg

旧軽井沢商店街より、テニスコートを抜けて徒歩で
“万平ホテル”へ。

P1050045.jpg

“MAMPEI HOTEL”玄関。
落ち着いた歴史のあるホテルですね。

ジョンは毎年、定宿にしていました。
ホテルの裏に小野家の別荘がありましたが和室が主だった
ために“万平ホテル”を利用したと聞きました。

P1050062.jpg

ロビー。
しばし佇む・・・雰囲気を味わう。

P1050051.jpg

史料室に展示されているピアノ。
「ヤマハのアップライトピアノで、かつてダイニングルームに置かれ
ジョン・レノンがつま弾いたことがあり、彼がこのピアノを欲しがった
という話も。」との説明書きがありました。

この頃、“Free as a Bird”が作られており、この環境でピアノがあれば
弾くのは当然で、自分専用に欲しかったのではなかろうか・・・。

“イマジン”を弾いていた可能性は大いにありますね・・・。

P1050053.jpg

ジョンの宿泊したアルプス館128号室へは宿泊客しか行けない
のであきらめて“カフェテラス”へ。

P1050058.jpg

ジョン・レノン直伝のロイヤルミルクティー。
ここに来たらこれは外せませんね。 美味しかったぁ・・・。

P1050060.jpg

伝統のアップルパイ。
これも食べたかったけれどボリュームがあって昼食前だった
のでパス・・・。

P1050059.jpg

カフェテラスの奥の左側にいつもジョンは座ったそうです。
この日は順番待ちをしているということだったので反対側
の席に座りました。
当時はオープンテラスでサッシが無かったみたいですね。

60ac2ec785ab9524ef21ae76fc6e147b25e193c8_m.jpg

ポーチでのジョンとヨーコさん。
スーツに草履が決まっています。

P1050063.jpg

現在のポーチと変わってなくていい感じです。
というか、ここは変えられない部分ですね。

P1050064.jpg

2階、左から2つ目がジョンが宿泊していた128号室だと
ボーイさんに教えてもらいました。

blog0022.jpg

窓辺でくつろぐジョンとヨーコさん。

E382B8E383A7E383B3E383ACE3838EE383B3E8BBBDE4BA95E6B2A2s.jpg

番外編。
テニスコート近くの現在は無い“三芳屋書店”前の
ママチャリに乗るジョン。
1979年に撮影されたもので雑誌“GORO”に掲載されたそうです。
(古い話ですなぁ・・・。)

次回最終回、離山房編へ続く・・・。

category: ビートル出会い旅

Posted on 2016/05/09 Mon. 10:28  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

万平ホテル

こちらの万平ホテルにも、ジョンの足跡がしっかりと残っていて、
カフェテラスの順番待ちは、みなさんジョンのファンでしょうか?

79年の写真は、まるで解散前後のような、ひげ面になっていて、
あの帽子とサングラスは、ジョンのトレードマークのようです。

周囲の人たちは、昭和30~40年代のファッションに見えますが、
考えたら40年近い昔で、自分もあんな感じだったかと、遠い目に。

ギターマジシャン #- | URL
2016/05/09 18:46 * edit *

Re: 万平ホテル

ギターマジシャンさん

軽井沢のジョンの訪れた場所に行くとあの人も
この人もジョンのファンが沢山いると感じます。

79年は日本滞在直近で最後の姿になりますので
帽子もサングラスも鬚面もつい最近のような気がします。

三芳屋書店の写真は、一般人が撮影したようですが
ちょうどジョンがカメラ目線になっていて普通に
軽井沢の町に馴染んでいるのがいいと思います。

マサジョン #- | URL
2016/05/09 20:13 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://masajohn.blog119.fc2.com/tb.php/1179-8cd2048d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)