07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

アクロス・ザ・ユニバース♪ 

12247049_10153597778235659_8853889289690316988_n.jpg

画像は、ゲット・バック・セッションも、アップル・スタジオに
場所を移し、“ビリー・プレストン”の参加により場が和んできたところ・・・。

str2_tnsbeatleboneR_ma_FORONLINEONLY-e1449809498588-770x470.jpg

ニール・アスピノールにより、カメラマンの“イーサン・ラッセル”が
つれてこられ、セッションの模様が撮影されました。

ほぼ同じ時間に撮影されたと思われる3枚の画像。

john_lennon_The_Beatles_let_it_be_album_cover_microphone.jpg

で、これがアルバム“Let It Be”のジャケット表面に
使われた画像ということですね・・・。

映像はトウィケナム・スタジオでの、ゲット・バック・セッションより、
“Across the Universe”。

ポールがハモッていて、ダビング無しの生演奏バージョン。

ネイキッドでいいねぇ・・・。

category: レット・イット・ビー

Posted on 2016/05/26 Thu. 20:01  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

アクロス・ザ・ユニバース

映画の中で、ジョンが弾くイントロで、さっとポジション移動するのが、
すごく格好良くて、こうやって曲を仕上げていくとかと見ていましたが、
すでに、バードバージョンは録音済みで、ジョンはやり直したくて、
ゲットバックセッションで、何度か試みていたと、あとから知りました。

サビのハモリではなく、Aメロからハモるのは、たぶん初めて聴いて、
「ポールの曲には、時間をかけるのに」と、ジョンは不満をもらして、
この曲もリメイクしたかったようですが、本当、このハモリもありです。

ギターマジシャン #- | URL
2016/05/26 22:56 * edit *

Re: アクロス・ザ・ユニバース

ギターマジシャンさん こんばんは。

映画“Let It Be”では、寒々としたスタジオで“Across The Universe”を
演奏する場面がありましたが短い時間のセッションでした。

“Two Of US”のように、リハーサルを行い、アップル・スタジオで
正式レコーディングされたように、“Across The Universe”も
同列で扱われたならば、この曲も相当変わっていたと思われます。

マサジョン #- | URL
2016/05/28 09:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://masajohn.blog119.fc2.com/tb.php/1194-57ae554c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)