05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンド♪ 

7460de9afb045f1bc7c5317a3d10c574.jpg

“Lucy In The Sky With Diamonds”Take 1が、公式公開されとります。

1967年3月1日、アビーロード第2スタジオで録音されました。
冒頭、ジョンとジョージが話してますね。

image42.jpg

ルーイスンの“レコーディング・セッションズ完全版”によりますと、
【“Cellophane Flowers Of Yellow And Green”という歌詞を、
ポールが、「もっと速く流れるように歌ったほうがいい」とアドバイス
する様子も聞かれ、ジョンは「OK」と答えてそのように修正している。】
とありますが、まさにそれが聞き取れます。

もし、ソロ作業であったとするならば、ポールの助言もなく、
Take 1そのまま、流れるように歌っていないバージョンが
OKバージョンだったのかもしれないと思うと、4人で
ビートルズなんだと再確認しますです。

“Lucy In The Sky With Diamonds (Take 1 / Audio) ”



ほぼ同時公開“Strawberry Fields Forever (Restored HD Video) ”

category: サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

Posted on 2017/05/21 Sun. 18:19  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

テイク1

演奏後に、ポールがアドバイスをしている件、まさにレノン=マッカートニーで、ジョンもポールも、ソロになって的確なアドバイスしてくれる人がいなくなり苦労したと、互いにこぼしていたのは、こういうことですね。

それにしても、何十時間もかけてダビングや編集作業をしたと言われる後期の曲も、基本はバンド演奏なのだと、数多くのアウトテイクが教えてくれます。

ギターマジシャン #- | URL
2017/05/21 19:37 * edit *

Re: テイク1

ギターマジシャンさん こんにちは。

ソロ楽曲を聞いていると、それぞれの個性が剥き出しで、オブラートに
包み込まれた万人受けするビートルズ曲とは違うのは、やはりメンバー
のアドバイスが重要だったんですね。

アウトテイクを聞くと、ギターの音は単純で、音が合わさると別物に
なるビートルズマジックを見ているようです。

マサジョン #- | URL
2017/05/22 09:51 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://masajohn.blog119.fc2.com/tb.php/1357-779500c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)