05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ドント・レット・ミー・ダウン♪ 

18812.jpg

1969年1月30日のサビル・ロウ、アップル・ビルの屋上です。
昼、曇天、摂氏2度・・・。
最後のライブ・パフォーマンスの始まりです。

1.ゲット・バック(リハーサル)
2.ゲット・バック
***アイ・ウォント・ユー(即興)→テープ交換の時間
3.ドント・レット・ミー・ダウン(歌詞忘れバージョン)
4.アイヴ・ガッタ・フィーリング
5.ワン・アフター・909
***ダニー・ボーイ(ジョン即興)
6.ディグ・ア・ポニー
***ゴッド・セイブ・ザ・クイーン(即興)→テープ交換の時間
7.アイヴ・ガッタ・フィーリング
***ア・プリティ・ガール・イズ・ライク・ア・メロディ(即興)→テープ交換の時間
8.ドント・レット・ミー・ダウン
9.ゲット・バック(警官乱入?で終りです)

以上、42分間のパフォーマンスでした。
全編見たいですねぇ。
生きているうちにお願いしますよ・・・。

画像では、ステージ以外に野次馬が大勢いたのがわかりますね。

ビリー・プレストンのすぐ横にポールのベース・アンプが
あったんですね。相当な音だったんでしょうな。

リンゴは、2タムの「ハリウッド」で、スネアとフロアタムに
タオルをかけて叩いてますね。

0523068c372db50e3c306129b883dab4.jpg

ジョンは3曲目、“ドント・レット・ミー・ダウン”でやってくれました。

相当、寒かったのでしょう、鼻を赤くして歌詞を忘れてしまい(2番)
照れくさそうな顔をしとります。

“アンノリ・ウィジ・ガディ・ブルー・ジ・ゴ~”(こんな感じに私は聞えますが)
って?・・・何語。スペイン語に近いですかね。本人、笑っとります・・・。

とっさに、66年に単独映画撮影でスペインに行った時のいやな思い出
が頭をよぎったのか、定かではありません・・・。

綺麗にこなすより、こういう失敗があったほうが良い物が
出来るというものです。

おいしい所を持っていきますね、ジョンは・・・。

それにしても、ジョージのボーカルよく聞えます。

category: パスト・マスターズ

Posted on 2014/01/13 Mon. 18:01  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

マサジョン様

マサジョン様
こんばんは。

このシーンは今迄に何回か観たことがありますが
摂氏2度だったのですね。それでもしっかり指が
動いています。さすがにプロ中のプロです。

愛新覚羅

aishinkakura #- | URL
2014/01/13 20:34 * edit *

Re: マサジョン様

aishinkakura様 こんばんは。

このルーフ・トップ・パフォーマンスから
まるまる3曲アルバムに収録されてます。
凄いと思います。

マサジョン #- | URL
2014/01/13 21:24 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://masajohn.blog119.fc2.com/tb.php/651-60dc46e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)