08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ジョンのカジノ♪ 

John-Lennon-and-his-Epiphone-Casino-the-beatles-7346315-655-1024[1]

画像は1967年初頭、SGTペッパー~のレコーディング時だと思われます。
“ビートルズ・ギア”によると、カジノの裏面を白かグレーのスプレーで
塗っていたとありますが、この画像で少しサイドに色が飛んでいて確認
できますね。
綺麗なサンバーストでございます。

10411173_10153051770710659_7802833569995856768_n.jpg

それから約1年が過ぎ、1968年2月11日、EMI第3スタジオで
新曲のレコーディングが行われました。(ヘイ・ブルドック)

画像はその時のもので、まだサンバーストです。
(表面に光沢があるし。)
床にはポールのリッケンバッカーがあります。

images.jpg

カラー画像。(上と同時期)
サンバーストですね。

そして、2月15日インドへ超越瞑想の旅に出発し、
そこでドノバンにギターの塗膜が無いほうが良い音がすると聞きます。

4月に帰国し、「ホワイト・アルバム」のレコーディング・セッションが始まる
5月末までの間にセッセと塗装を剥がしたわけですね・・・。
(下の画像)

“ビートルズ・ギア”によれば(ちゃんと読んでませんが・・・)、
「リフィニッシュの作業は楽器店や修理店でおこなわれていない
可能性がある」とあります。(綺麗に磨き上げられていないらしい。)

そういえば、“JLミュージーアム”で本物を観た時、古いからと
思い納得していましたが、光沢があまり無かった記憶があります。
それでも神器ですけど・・・。

ジョンが自分で削りおとしたのかなぁ・・・。
まぁ、それはないですね。

original_119.jpg


category: 私以外どうでもいい話

Posted on 2015/04/10 Fri. 22:05  edit  |  tb: 0   cm: 4  

コメント

石橋楽器のカジノ

76年に、お茶の水の石橋楽器に、ジョンがフィリピン公演で使ったと書かれたカジノが売っていました。

日本公演でもカジノを弾いたのに、わざわざフィリピン公演となっているのが怪しいし、当時、新品のカジノは日本製エピフォンになり8万円なのに、25万円の値札がついていて、ジョンが弾いたとは言え、中古じゃないかと、スルーしました。

極東ツアーだからと、サブのカジノを持ち歩いて、あのマニラ空港の騒ぎで、置き去りになったのか、今更ながら、想像も膨らみます。

それにしても、カジノといい、J160Eといい、ジョンはリフィニッシュして、大事にしていましたね。

ギターマジシャン #- | URL
2015/04/11 01:02 * edit *

そうなのですか

マサジョン様
おはよう御座います。

ジョンのカジノはサンバーストとナチュラルの2本があるのだと
思っていました。お金持ちなのに手間をかけているのですね。
その方が楽器に愛着が出てくるのも確かですが。

愛新覚羅

aishinkakura #- | URL
2015/04/11 08:22 * edit *

Re: 石橋楽器のカジノ

ギターマジシャンさん こんばんは。

今、そのカジノが売られていたら心揺さぶられますね。
金額も相当な価格になると思われます。見てみたいですね。
ポール、ジョージは控えのギターをステージサイドに置いてましたが
ジョンは何処に置いていたんでしょうね。
今度探してみます。

マサジョン #- | URL
2015/04/11 19:53 * edit *

Re: そうなのですか

aishinkakura様 こんばんは。

特にジョンは楽器に愛着があったようですね。
逆に他のギターには関心がなかったのかもしれませんが。
ジョン自らが塗装を剥がしていたらと想像すると面白いです。

マサジョン #- | URL
2015/04/11 19:57 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://masajohn.blog119.fc2.com/tb.php/916-1ff4360f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)