03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ツー・オブ・アス、リハーサル♪ 

319e0ca285c723d26cdc2681fb963e60--linda-mccartney-filing-cabinet.jpg

1969年1月31日、ルーフ・トップ・パフォーマンスの翌日の
スタジオ・パフォーマンスの映像が公開されてました。

“REVOLVER TV”の“Work Print”で見た映像は音無しだった
ので退屈でしたが、これは音付きで興味深し。

海賊盤で既に販売されていて、御存知の方もいるかも知れないが
私は初見でモノクロですが感激しました。

7f8a0bb94af4.jpg

この日は、前日と違って、スタジオ曲のレコーディングで
最終日でしたが、いつものように即興でいろいろな曲を
演奏しています。

映像から、“Two Of Us”から始まり、“Hey Good Lookin”、
“Take This Hammer”、“Lost John”、よくわかりかせんが
“Bear Cat Mama”かな・・・。

そして、4:30頃“Run For Your Life”。(ライブで初)
J:「Good Night Poul」、
P:「Good Night John」
からの“Two Of Us”。

音無し・・・。
チューニング。
“Friendship”。
音無し・・・。
ジョンの“Step Inside Love”、
そして“Let It Be”。

画面が暗く見難いですが、大体の配置はわかり
ますね。ジョージは最初は立って演奏していたのがわかります。

ジョンは、ピアノの裏にいるので姿が見えないのが
残念ですが、“Get Back Session”の一部が
垣間見えたことで、とてもうれしいです・・・。



category: レット・イット・ビー

Posted on 2018/01/27 Sat. 18:54  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ディグ・イット♪ 

005606-Beatles-Dig-It-Apple-Studio-1969.jpg

久しぶりに観た気がしますなぁ。
1969年1月26日のテイクの一部がアルバムに収録されました。
“1:33”あたりからが収録されてます。

ポールは、ピアノとコーラス。
ジョージは、オールローズで楽しそう。
リンゴは、ただの付き合いか・・・。

ジョージ・マーティンはシェーカー。
ヘザーは、ジョンになついているのか、
そんなに近くでがうるさくないのかな・・・。

最後に発せられた、“That was 'Can You Dig It?' by Georgie Wood”は、
どうしてもポールの声だといまだ私は思っていますが、
この流れからだとジョンなのか・・・。

これに続く“ and now we'd like to do 'Hark, The Angels Come”
が無いな・・・。



さっそく消されてしまったので音声のみ。
ヘザーも歌っております。
“2:48”あたりからが収録されてます。

category: レット・イット・ビー

Posted on 2018/01/03 Wed. 19:19  edit  |  tb: 0   cm: 2  

レット・イット・ビー、テイク22♪ 

036.jpg

画像は、髪をおろして歌うポール。

映像は、1969年1月31日アップルスタジオでの
“Let It Be Take22”。

前掲のTake23の前ですかね。
Take23と同じくワンカメでポールを撮影してます。
初めて見た・・・。

コーラスが、いいなあ・・・。
ジョージのリードも、いい・・・。
ジョンのベースも、いい。

category: レット・イット・ビー

Posted on 2017/12/29 Fri. 21:49  edit  |  tb: 0   cm: 2  

レット・イット・ビー、OK テイク♪ 

original_2085.jpg

“Get Back Session”の画像がなくて、正規画像の使いまわし。

映像がきれい。

すぐに消えそうです・・・。

category: レット・イット・ビー

Posted on 2017/12/24 Sun. 16:33  edit  |  tb: 0   cm: 2  

レット・イット・ビー、アウトテイク♪ 



“Let It Be”Take23。
アウト・テイクですな。
コーラスがそのまんまでリアルです。

「ブラザー・マルコム」と歌っています。
REVOLVER TV、どこにいったんでしょうね。

また、見られるとは思わなんだ・・・。
消される前に目に焼き付けておきましょう。

category: レット・イット・ビー

Posted on 2017/12/16 Sat. 21:16  edit  |  tb: 0   cm: 0